野郎共、お仕置きの時間だ

なんのこたぁないダメ強化人間LayeⅡ(らいつー)の独り語散るgdgd生活ブログ なまはげだって少子化で寂しいんよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Chengdu J-20[殲撃二十型〝絲帯〟]

J-20 1

無事ご供養が終わりました。
全体的に目も当てられない出来ですが、一応完成して日の目は見れたようです。

ということでJ-20こと、トランペッターより1/72 殲-20。

J-20 2

さて、機体の解説から。
J-20が初飛行したのはなにしろ去年、2011年になります。計画自体は二十年近く前からあったのですが、ようやくプロトタイプが完成し、目に見える形で成果になったのは去年という感じです。
これは「2001」の識別番号を見るに、先に飛行した1番機でしょう。パッケージのイラスト通りJ-10が随伴に付き添っています。僕も当時の情報はネットや雑誌等で確認したのですが、関係者しか立ち入りを許可されなかったのか出回っている画像の殆どはいわゆる隠し撮りで、スタイルこそ確認できても詳細が分かるものではとてもありませんでした。
二番機「2002」の画像は一般公開なのかなかなかのものが転がっていて、十分にスタイルやディティールを確認することができます。
ウィキペディアに三面図がありますが、どうにもトラペのキットの方が正確な気がしますね。
なんかトラペ職員が秘密裡に先行公開に招待されてるとかいう噂も、強ち冗談でない気がします。
なにしろドラゴン含めキット化まで制作が早すぎですし。

J-20 3
特徴的なフロントビュー。
長い胴体部にカナード、F-35のようなエアインテークが目を引きます。


さて、気になる、機体形状から推測できる性能に関して言及していきましょう。
「2011年度軍事研究五月号」に関して取り上げた通り、J-20はステルス戦闘機と銘打たれています。現時点でのJ-20のステルス性能は少なくとも、表層処理をしている分PAK-FA以上であると言われています。
キャノピーも恐らく一体型、スライド型のPAK-FAに対して優位は取れているところ。
ですがラプターに敗北した、ステルス戦闘機の完成形を見たYF-23はスライドキャノピーだったんです。
つまり、キャノピー周りだけでステルス性が上かどうかは依然判別できないんですね。
ステルス性能というのは、機体全体の総合的な部位から判断されるというか、「高速で飛行する物体がいかに探知されない工夫をするか」という、いわば「減点方式」なので、一部だけではとても判断できません。

次にカナード翼を見ていきます。
カナード翼は機体の運動性の一助となる、空戦には有利なファクター。しかしながらそれは、被レーダー面積を広げるという意味で大きなハンデとなります。機体サイズも全長ではPAK-FA、F-22以上のJ-20は、この両面で大きな失点を受けているといって過言ではないでしょう。

J-20 4

エンジンはなんだか見たことの無い形状をしていますが、特に偏向もせず見たところロシア製のAL-31でないかとの意見が見られ、まぁつまり中身はフランカーと同一であると考えて良さそうです。
このエンジンでは、F-111並みの巨体全長22mのJ-20を安定して飛行させるに足るものではないらしく、中国国内で新造エンジンの開発が急務とされています。
F-22のエンジンを見て頂ければ分かるのですが、エンジン排気は機体を探知させる大きな一因であるのでF-22はベクタードノズルに専用のカバーがついていて、中身はしばらく前まで非公開を貫いていました。
この点でもF-22ほど徹底したステルス能力は有していないと考えられます。

J-20 5

まぁそれはともかくとして、良く出来ていますね。感心しちゃいました。

J-20 6

飛行当時一番の情報源とされていた機体下部もしっかり再現されて、独特のプロポーションを捉えています。
ギアガバーは随分複雑な作りのようですが、斜めったギアも作ってありますし、ギザギザもきっかり彫られていて、やっぱり公開前から下見してたんだな的な。
したから見ると意外とスマートですが、ラプターはこの辺ぺったんたんです。
しかしながらJ-20は、長距離飛行する分の燃料を内包し、また同時に爆装も出来るとのこと(なんか爆弾倉開きっぱなしのまま飛んでたらしいです)とのことなので、純粋にステルス性を徹底した戦闘機というよりも、ステルス能力の付随したマルチロール大型機であるとの見方が強いみたいです。
カナード翼も以前申しました通り、「ステルス同士で近距離格闘戦に縺れ込んだ際の決定打」と捉える事も出来ます。
ステルス性能だけを見れば脅威とは些か遠いのですが、戦闘攻撃機としてのロールも備えていると考えるのは難しくなさそうです。

エンジンほか、アビオニクス等にもまだまだ調整が要る機体であり、量産するまでにはあと10年ほどかかるとのことですが、アメリカがステルス機を維持するのに支払っている多大な労力を中国がどれほどまでに許容できるのか、気になるところではありますね。

J-20 7

憶測によってなるまとめ。

速度:エンジンが調整中であるが大体最高速M1.7~8くらい? まだ効率はよくない
ステルス性:F-22と比較すると甘いところ多し。ただギアカバー等アメリカ機を参考に、かなり気は使っている。カナードがネック。
戦闘能力:運動性は高そう。航続距離も大型機らしい数値を出せそうだし、爆装もできる。いわゆるマルチロール戦闘機。
弱点:現時点ではエンジンの能力不足。ステルス処理が維持できるかどうかも結構怪しい。
長所:ステルス性を有するマルチロール戦闘機ということで、爆撃、空戦ともに現用の中国機を超えたロールが担える。また近距離戦に縺れ込んだ際にカナードが一助になるか?
ここが気になる!:……機銃積んでるんですかね、コイツ。

とまー、面白い飛行機であるのは間違いありませんし、日本としては無関係ではないので注目しておくべき機体であるでしょう。
これまで模倣によってなっていた中国航空史の一頁を塗り替える鮮烈な機体であることは、間違いなさそうです。


J-20 6
特徴的なノッペリボディも再現。ギアカバーの出来が目を引きます

さてキットの話。
トランペッター、1/72、J-20です。ライトユーザー向けの配慮か色プラでデカールもシンプル、組みやすさ重視と何とも易しい出来です。
ただ僕としては文句が二つ。
高い。
日本円で2700~3300なんですが、いや、完全にネームバリューでしょこれって感じです。
内容はとてもシンプルですから。

もう一つ、機首下部の分割。
接着面が曖昧で、しかもタイトなので少ししくじるとコクピットと機体上下の接着に連動して響いてくる。
他初心者向けでもこれはちょっと、という感じw

他はよかったですね。むしろ初飛行から五か月でよくもまぁこんな再現できたな、って感じで。
色物好きな人は組んでおいて損はないかも。

僕としてはキャノピーこんな見えるんだったらしっかりコクピット作っておけば、というのと、塗りですかね。
なんか似合う色が他にあったと思うもんですが……厚塗りが裏目に出ました。大人しくデフォルトカラーで組んでみるべきでした。
J-20 8

合い合わせも機首下部以外は問題なく、デカールも淡白ですが使いやすい。
色プラ+デカール補助のおかげでぶっちゃけ色塗らなくてもそれなりの出来になるように設計されていると思います。

いろいろ気に食わない出来でしたが、面白い飛行機です。
完全に息抜き作というか手抜き作というか。
J-20 9

とうわけで、トランペッターChengdu J-20[殲撃二十型〝絲帯〟]でした!ご供養終わり!
うpするかしないか最後まで悩んだくらい出来がアレーですが、さいわい写真写りは悪くなかったかもしれない。

絲帯って中国語でリボンって意味なんだってさ。なんか他にも空中秋山澪とかアダナいろいろあるけどカッコいいのでこれで。
パッケージのマイティドラゴンってなんか厨臭くて気に入らん!

左遷
おまえらは左遷だ。

なんかステルス機とは相性悪いんですよね僕。
厚塗りだからせっかくのペッタンコボディ台無しにしてしまうのかも。

IMGP1916.jpg

というわけで引き続きラスボス面のSSTです。




はずかしいでっかいの。

J-20 A

J-20B.jpg

J-20C.jpg

J-20D.jpg

J-20 10





スポンサーサイト
  1. 2012/09/23(日) 19:31:34|
  2. プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<今日は失敗から学ぼう | ホーム | 牧歌的>>

コメント

No title

以前にMiG1.44を作った時に、J-20に似てるなと感じたんですが、運用目的も似た所があるのかもしれませんね、ステルス性能はそこまで求めていないという。
MiG1.44を参考にしてるとしたら、まだまだパクりの中国は健在ということでしょうか。

塗装は深海を連想させるもので、Laさんは納得いってないようですが、自分はカッコいいと思いますよ!
キャノピーをラスターみたく軽くスモーク吹くと、さらにステルス機っぽくなるかもしれませんね。

個人的にこの戦闘機自体がカッコよく思えないというか、好きではないので、色物好きの自分は購入してませんw

さて、俺も早く完成させなきゃな・・・。
  1. 2012/09/23(日) 23:07:59 |
  2. URL |
  3. foxbase_alpha #-
  4. [ 編集 ]

No title

ラスター→ラプターの間違いです・・・。
  1. 2012/09/23(日) 23:10:48 |
  2. URL |
  3. foxbase_alpha #-
  4. [ 編集 ]

No title

いかにも高性能マルチロールって感じですかね。ラファールみたいなもんかもしれません。
ステルス戦闘機ってどうしても似通ってくるものみたいですが、その中でPAK-FAと一応ステルスっぽいことを示唆していた1.44はオリジナリティに溢れていますね。
何かに似てるんだけどよくわからない独特の形をしてるJ-20は今までと少し違うパクリ方かもしれません。

>深海
飛ぶどころか沈んでいってるからヘンだったのかー。
うーん、撮影してる間に「これならうpしてもいいかー」って思えてきちゃったもんだから結局不思議な色です。スモーク吹いてコクピットを誤魔化すという手がゲフンゲフン

初飛行時:オォカッコいいぞ! 暫くして:やっぱ微妙かも キット購入時:もしかしたらカッコいいかもしれない 開けて:ヘンな形だなぁ 完成:やっぱカッコ悪い

なんだか好きになれないのも不思議な魅力がたっぷりで、僕もどう接したらいいか分からないまま出来上がってしまいましたw
ヘンな飛行機です。この一言につきます。けっこーミーハーだと思うんですが、これにわざわざ3000円も払わないから買わないって人が殆どなんでしょうなぁ。


  1. 2012/09/24(月) 00:13:43 |
  2. URL |
  3. La #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayyouexceed.blog118.fc2.com/tb.php/323-8f97dddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

LayeⅡ

Author:LayeⅡ
HN:LayeⅡ

塾講あがりが公務員になりました。

しゅみ
・飛行機模型
・へたくそなおらくがき

どっちも気負わず適当にやっていきます。
ついこないだまでチェコスロバキアはまだ存在していると思っていた平成生まれです。チャイナドレスください

最新記事

Twitter

つぶやき始めもうした。

大体ブロブに書くまでもない戯言とか。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類という名のカオスボックス (11)
あいさっつ (1)
小説・本の話題 (10)
プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場) (92)
テキトーな日記 (168)
一次創作 (15)
サントラの話題 (9)
今週のプラモチェッカー(キット開けたりなんだり) (48)
おでかけ (8)
ORAKUGAKI (18)
メイキング:1/48 RF-4E JASDF(HASEGAWA)) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

You can't catch me/坂本真綾

坂本真綾さんの新アルバム

恐縮ながら宣伝させていただきますをば…!

魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア様の魔界戦記ディスガイア4応援バナー

魔界戦記ディスガイア4

用法容量を守って、 徹夜で遊びましょう。

世界樹の迷宮3

アトラス様は世界樹の迷宮3の応援(宣伝)バナー。

黄金の鉄のかたまりでできたファランクスさんがぱんつ装備の忍者娘などに後れをとるはずがない

肉塊カウンター

この肉塊に積まれていった屍の数が分かります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。