野郎共、お仕置きの時間だ

なんのこたぁないダメ強化人間LayeⅡ(らいつー)の独り語散るgdgd生活ブログ なまはげだって少子化で寂しいんよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F-111C “Golem Wings” Aardvark/Academy

F-111C 3

巨鴉の鉄翼。
そんなこんなで、本日はアカデミー 1/48 F-111C アードバークになります。

……正直言って、非常に骨が折れました。
成功か失敗かといえば間違いなく失敗ですし、「あそこでああしておけば」という箇所は両手の指で数えきれません。正直、もっとまともな出来に出来たのではないかとばかり思います。
しかし今回はここで決着をつけなければいつまでも引きずっていただろうし、習作という言い訳しかできません。
或いは最近調子よかったので、もう少し大型キットには慣れておけといういいお灸にはなりましたか。
何はともあれ、大型キットを消化できたという感じだけは大きいです。
達成感とも脱力感とも取れぬ、なんだろこれ。


F-111C 2

さてまず機体の説明から。
F-111は1964年に初飛行致しました、史上初の実用可変翼戦闘機になります。
構想は昔からあったんですが、ソ連側の可変翼MiG-23が1967年という事を考えますと、やや一歩リードした機体でした。当時のアメリカの国防長官ロバート・マクナマラ氏が主張する「コスト削減・合理化」を旗印を大きく反映した当機体は、空軍のみならず海軍の要求にも答えられるよう当時最先端の技術を導入されこの世に生まれ出でました。アフターバーナー付きターボファンエンジンと可変翼機構の合わせ技からなるずば抜けた加速力、そして他の戦闘機では搭載出来ない程の重量兵器をものともしないペイロードの両面を保有し、なおかつ滑走路空母問わず発進できる万能戦闘爆撃機――
ところがどっこい、欲張りに欲張った揚句出来上がった機体は鈍重にして巨大。肥大しきったその巨躯は全長22.40m、水平展開時の主翼で19.20m、全高5m超。 こんなもん空母に乗っけたら沈んでしまうわ!ということで艦載機をクビになり、また空軍でもまともに空戦出来る運動性も無かったため、長らく駄作機の烙印を押されていた不憫な子であります。
戦闘機として生まれたはいいですが、蓋を開けてみたら爆撃機でしたみたいな。
F-111 4

主翼を最大後退させてデルタ翼形態。
運動性は劣悪でしたが加速性はかなりのもので、マッハ2.5をABによって弾き出すことができます。
妙にF-14に似ているようなのは、これの構想を受け継ぎ、一応の成功を収めた後釜だからですね。
フォルムだけならB-1ランサーにも近い気がします。むしろ運用構想的にはこちらの方が近いです。
現在空軍、海軍の共同運用をたくらんでいるF-35という機体もありますが、あれはついでに海兵隊のハリアーも視野に入れているからか、しばしばこの失敗とかけて「F-111の二の舞」という揶揄を見ますね。

意外と忘れられがちですが、米軍機の戦闘爆撃機って結構核攻撃が可能です。こいつも一応その辺を視野に入れて制作されています。
もひとつ忘れられがちですが、画像左側にぶら下がっている長いのはGBU-28「バンカーバスター」通称ディープスロートといいまして、地中貫通して敵の地下壕を爆破する恐るべき爆弾です。
このGBU-28、湾岸戦争でプレーリードッグよろしく地下に逃げ回ってコソコソしているイラク軍をブチのめすためだけに開発され、戦争真っ最中に僅か20日前後で製作されたもので、アメリカ陸軍で運用されている203mm自走榴弾砲の砲身に炸薬を詰め込むなどと発狂一歩手前の発想により考案された規格外の対地兵装にてございます。
砲弾じゃなく砲身です。記事を二度見するレベルです。

↓ちなみにこれが使用されたM110 203mm自走榴弾砲。日本にもあります。
じそーほー

……バッカじゃねぇの。

こんなのブッ刺さったら地下壕もひとたまりもありません。
スクラップになった自走砲の運用手段としても一役買ったらしーですが、ベトナム戦争で便座に爆薬詰めて投下した国のやることは違います。
昨日の夕飯を使いまわしたおかーちゃんの手作り手抜き弁当みたいで嫌です。
というわけで、暫くこんなキチ〇イじみた兵器はF-15EとF-111しか使えなかったわけですが(そりゃそーだ)、F-111が退役したことでもう一機しか使える機体が居ないのです。
F-35はこれに近い、代替になる武装を使用可能とのこと。

F-111 5

さて、さんざん頭悪い呼ばわりしましたがこの機体にも輝くシーンが幾度かありました。
ベトナム戦争で三機くらい落とされたり朝鮮戦争では爆弾落とさずに帰ってきたり暫くはいいことがありません。(使われないに越したことはありませんが) そしてリビア爆撃ではなんとか軍事施設を破壊しますが、攻撃目標は逃亡。この時の爆破目標はかの有名なカダフィ大佐だったので、フランスのミラージュ2000Cは奇しくもリベンジを達成したことになります。

こいつが輝くのは20世紀も終わりに差し掛かる、1991年。湾岸戦争です。

F-111 6

あの戦闘で最も注目されたのは、ついにベールを脱いだアメリカの新兵器“ステルス爆撃機F-117 ナイトホーク”でしたが、ナイトホークの爆撃率は約3割と言われています。残りは何か? こいつです、さんざんぼんくら扱いされ、駄作と言われ、金食い虫で図体がでかいだけのこの機体、F-111です。
本来低空を飛行しながら爆撃する算段だったのですが、イラク側の対空砲火が予想を上回る密度だったので、幾許かの犠牲を払った多国籍軍(ちなみに以前話した通りこの作戦でトーネードIDSが果敢にも滑走路破壊を遂行しましたが、やはり多大な損失が出ました)は高空からの爆撃に変更。これにより「燃料喰わないラッキー!」となって待ち合わせ場所に現れないF-111が出たとか、それの所為でヘソを曲げた空中給油機が燃料ポイしたとかすれ違いもありましたが(なんか情報が給油側に伝わってなかったらしいです)、F-111は苛烈な砂漠下でもめげず元気に運用を続行。
磯育ちのF/A-18やアメリカの気候に慣れきったF-16などが続々とへばる中、A-10と仲良く絶賛フル稼働して戦果をあげていきました。にぶい奴ってこういう時強いですね。
揚句有名なテンプレートのように「破壊したい物がある?F-111に任せろ」「F-16やF/A-18を飛ばすな。砂埃が舞ってF-111の邪魔になる」などと呼ばれるくらいに信頼を勝ち取っていきました。

これらの戦果でしばらく米空軍内でも「F-111も頑張ったしまだまだ使えそうだから残そうよ」などという意見も出ましたが、余りにデメリットが多かったため(そりゃry)米軍では1998年に退役。同じように退役話があがったA-10の方はもうしばらく頑張ることに。

それ以降はRAAF(オーストラリア空軍)でカンガルーたちに混じって南半球を謳歌しておりましたが、2010年12月ついに全機が退役。惜しまれたかどうかは分かりませんが、以後幾つかの機体は博物館などで余生を送っております。

ちなみにどうしたことか引退直前までニックネームが決まらず、さんざん問答あった末に公式が引退日に「Aardvark(アードバーク、ツチブタの意)」と命名、これが愛称になりました。
F-111 7
よく機首を見ると確かにブタっぽいです。ひでーあだな。
これだけならまだいいんですが、カッコいい渾名はせいぜい111をもじったワン・イレブン(レイヴン)くらいでして、他には未亡人製造機だのフライングピッグだの悪意に満ちたひどいあだなを沢山頂戴しまして、お前らもう少しまじめに考えてやれ。

きっと最後までいじめられっ子な機体人生だったろうと心中お察ししますが、これも愛ゆえでしょうか。

他に変わった話題ではケツを追っかけてきたミラージュF1(こないだのあいつです)を地形追従機能で機動殺したとか、ケツから燃料をたれ流しながら引火させる曲芸「ダンプ&バーン」が出来るとか、色々と突っ込みどころ満載であります。

こればっかりは口で言うより早いので実際の画像はこちらでどうぞ。
0:58くらいで火を噴いています。

F-111 8

さて、ムダ話はこれくらいにしておいてキットの説明。
アカデミーより発売の 1/48スケール、F-111C(RAAF仕様)です。2003年の30周年記念塗装仕様が含まれていまして、そちらは大変豪華です。一応リミテッド・エディションらしいぜ? 結構そこらじゅうで見かけるけど……
公式はこちら。 旧アカデミー製F-111の焼き直しではありますが、ディティールを底上げした追加ランナー四種を交えた大型改修キットになります。

大変充実した内容でしたが……まず気になった問題点からあげます。
1.説明書に不備あり(主翼組み立て時の番号が正確でない)
2.旧キットより削除パーツあり(主翼固定パーツの一部)
3.デカールのノリが硬く、スライドが困難
4.胴体部の空洞(結構アバウトにうねる)から、機首接着が難物

1、2はいくらでも取り返しがつきますが、正直3が辛いです。
大判デカールが多いのにスライドできず、幾つか僕の未熟でダメにしてしまいましたが、デカール貼り作業は慎重に行うべきでした。
後は1ですが、これは仮組をしっかりすれば問題ありません。
ディティールに関しては僕は然程うるさく言えないくらいにはテキトーなヘタレ模型好きなので、特に。

では良かった点。

1.比較的簡易的なF-111のヨンパチ!(ホビーボスにもありますが、何より此方は半額以下まで安いです)
2.テールコーン、コクピット、ランディングギア、周辺機器など充実のディティールアップパーツ
3.安価(3700円くらい)
4.ピトー管が金属製で丈夫
5.本体で使用しない武装も大量封入(バンカーバスターがそうですが、増槽、空対ミサイルなどもあります)

内容に比べて使うパーツが少ないというのが中々好印象でした。あとやはり細部の差し替えは嬉しいですね。武装もたくさんついてきますし、正直値段以上に楽しめました。機体の特徴もよくとらえていて、カッコいいです。
モールドの浅さが気になりましたが、そこは繊細ということで。ピトー管は純粋に嬉しいですね。何度か助けられました。
出来れば主翼がへたらないように可変を捨てて固定パーツを挿入してもいいかもしれません。

個人的はちゃんと重石を入れて、しっかりキャノピーをマスキングし、デカールを慎重に貼ればもっとよくなったろうなぁ、と。
あとヘタに汚し入れなくても普通にカッコいい藍色になってたのになー、と若干後悔。

比較図

あと今更言うまでもないですが、めちゃんこでかいです。

最大の問題は置き場所がないことかも。

(こいつを置くためにグランドテーブル上の配置を総入れ替えしました。F-14の時は翼がたためたんですがこいつは……)

――さて!一年半の長きにわたる作る作る詐欺にようやく決着がつきました。失敗も多かったですが、えられたものも多いかった、中々手ごわいキットでした。今日からは気楽にSu-27UBでも作ろうと思います。すごい出来いいですねこれオッホッホィ。



おまけ

F-111 9

機体の下はこんなん。

F-111 13

豚面と言われる機首。にょろーんとしています。

僕がこの機体をはじめて知ることになったページ。旋回中は大鴉って感じがひしひしとしますね。





↓いつものおっきいの。表面荒れ荒れなんであんまりじろじろ見ないでね!
F-111 12


F-111 10

F-111 11
スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 08:33:44|
  2. プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<チャイナ男子とかゆるされざる。 | ホーム | ついに我が家にもチャイナ系戦闘機がきましたよ>>

コメント

No title

飛行機でもロボットでも、下からのアングルがすごく映えますね。
思わず、「おおっ」とリアルに声が出てしまった…w

あと愛称。意味はアレだけど、英語だとすごく格好良いあたりがなかなか…。
向こうの人にとっては双ではないんだろうけど(汗
  1. 2012/06/09(土) 10:32:08 |
  2. URL |
  3. えむ #-
  4. [ 編集 ]

No title

僕の撮影環境上下からアングルって難しいんですが、今回は特に印象的だったので載せました。仰るとおりこの機体は巨体故アオリ構図が一層映える気がします。

愛称に関しては意味を考えると中々不細工なものばかりつけられている気がするのですが、非常に信頼された艦載機のA-7コルセアとかShort Little Ugly Fucker(Fellow)=SLUF(チビで不細工な相棒)とかつけられていますし、アメリカ流の愛情表現の裏返しなのかもしれません。ダメな子ほどかわいいという感じですかね。
  1. 2012/06/09(土) 16:31:34 |
  2. URL |
  3. La #-
  4. [ 編集 ]

No title

これだけの大物を完成させるだけでも凄いと思いますよ。

でも自分で作って納得のいく出来でないというのはすごく良く解ります。

紆余曲折あった機体ですが、カッコいいですよね~。
  1. 2012/06/10(日) 00:25:28 |
  2. URL |
  3. foxbase_alpha #-
  4. [ 編集 ]

No title

ありがとうございます。
しかし、久々に疲れるプラモでした。次は気楽にSu-27UB作ることにします。

「途中でやめておけば」っていうのが一番きついですね……途中までの色合いとか結構気に入っていたのもあったのでデカールダメージよりもそちらが余程堪えます。満足できないのはいつもの事ですが、納得できないのは悔しいですねー。

写真を撮ってみてから、ああ手で触っているよりは幾分かマシかなと思い直すキットでした。また機会があれば再チャレンジしたい機体の一つになりましたね。
  1. 2012/06/10(日) 03:01:04 |
  2. URL |
  3. La #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayyouexceed.blog118.fc2.com/tb.php/281-60b44ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

LayeⅡ

Author:LayeⅡ
HN:LayeⅡ

塾講あがりが公務員になりました。

しゅみ
・飛行機模型
・へたくそなおらくがき

どっちも気負わず適当にやっていきます。
ついこないだまでチェコスロバキアはまだ存在していると思っていた平成生まれです。チャイナドレスください

最新記事

Twitter

つぶやき始めもうした。

大体ブロブに書くまでもない戯言とか。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類という名のカオスボックス (11)
あいさっつ (1)
小説・本の話題 (10)
プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場) (92)
テキトーな日記 (168)
一次創作 (15)
サントラの話題 (9)
今週のプラモチェッカー(キット開けたりなんだり) (48)
おでかけ (8)
ORAKUGAKI (18)
メイキング:1/48 RF-4E JASDF(HASEGAWA)) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

You can't catch me/坂本真綾

坂本真綾さんの新アルバム

恐縮ながら宣伝させていただきますをば…!

魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア様の魔界戦記ディスガイア4応援バナー

魔界戦記ディスガイア4

用法容量を守って、 徹夜で遊びましょう。

世界樹の迷宮3

アトラス様は世界樹の迷宮3の応援(宣伝)バナー。

黄金の鉄のかたまりでできたファランクスさんがぱんつ装備の忍者娘などに後れをとるはずがない

肉塊カウンター

この肉塊に積まれていった屍の数が分かります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。