野郎共、お仕置きの時間だ

なんのこたぁないダメ強化人間LayeⅡ(らいつー)の独り語散るgdgd生活ブログ なまはげだって少子化で寂しいんよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Mirage F1CG(GREEK) Ελευθερία ή Θάνατος/Italeri(Old ESCI)

みらーみ

上のギリシャ語は国標の「自由か、さもなくば死か」。
そんなこんなで今回はイタレリよりステキなサプライズ、旧エッシー金型の 1/48 ミラージュF1C(ギリシャ空軍)ですよ。こんなおいしいもん作らな損損、としこしこ制作しておりました。

一カ月紆余曲折あったけど、悪くない出来になったんじゃねーかにゃ。

みら3

本機体をご存じない方も実に多いであろうと思われますので、まず機体の解説から。
時は1960年代、ミラージュⅢの成功で調子に乗ったダッソーは様々な派生機を世に送り出します。
可変翼機だのVTOL機だの沢山作ったわけですが、もとよりデルタ翼で喰ってきた老舗、慣れない機体構成やノウハウの不足、需給の問題もあり中々うまくいきません。お金は減っていく一方だし結果として大型化してしまったミラージュⅢの輸出競争力の低下に伴って生産はどうにも下火、危機感を覚えたダッソーは自社資産でマッハ2級小型戦闘機の開発に着手します。

あれ?調子に乗ってお上にかんかんに怒られてヤケクソになってありあわせで制作した機体が成功したこと、前も無かったっけ?
そうですミラージュ2000の発足と非常に類似しているんです、状況が。
追い詰められると必死になってやりくりするあたりがダッソーらしいちゅーかなんというか。

こうして1965年に開発を開始した試作機「ミラージュⅢE2」は後退翼を採用し、エンジンはミラージュⅣ爆撃機のものを単発に、電子機器はミラージュⅢEのものを流用して、徹底的に開発コストを削減。開発のコンセプトは「小型かつローコストで、侵入攻撃、偵察、迎撃にも使える多目的戦闘機」。
こうして試作機はミラージュF1Cとコードを変え、実戦ロールアウトへの準備を着実に進めていくのでありました。
みら6

1966年のクリスマス二日前に初飛行し、ミラージュⅢと同様の高速性を保ちながらも、デルタ翼の弱点である短距離離陸能力を改善、全面でミラージュⅢを凌駕するスペックを証明したのです。
当時NATOから離解しアメリカの庇護から隔絶されたため、迎撃能力の低下に頭を悩ませていたフランス空軍。暫くするとようやくその優位性を認め、正式契約と100機の導入を決定。STOL性能を活かした海軍採用はされなかったものの本格的な活動を開始し始めます。

みら2

ミラージュF1の主翼は高位置に配置された後退角47°で、これは既存のミラージュ機がデルタ翼状であるものと真逆の方向性。ミラージュファミリーの異端とされる最たる部分でしょう。主翼面積はミラージュⅢEよりも29%ほど縮小されましたが、主翼上に取り付けられた前縁フラップ及び機動時に作動する二重スキマフラップの補助を得、離陸重量を2540kg増加、全速度域での運動性を向上させ、離陸距離は23%減の640m。エンジンの推力は20%増量し、搭載燃料も43%余裕が出来ました。主脚、前脚ともにダブルタイヤを採用し未舗装滑走路でもダメージにならず発進できます。

みら4

そんなこんなで非常に優秀な機体でしたが、ひとつ誤算がありました。というよりも外的要因です。
同時期、1974年にオランダ、ベルギー、ノルウェー、デンマークのNATO四国共同のF-104スターファイター後継機選定があったわけですが、同年に初飛行した米軍機F-16がコストパフォーマンス性や多目的、拡張性で非常に優秀だったため、ことごとくセールスで敗北してしまったのです。
これにより大量受注の機を逃した背景には、ミラージュF1が比較的高級なモデルであったことが考えられますが、なんにせよこの大敗を喫しF-16の影という位置づけがどうにも払拭できない不憫な機体であります。
しかしヨーロッパ外でのセールスは好調でして、安価多目的性かつアメリカ兵器でないことから政治的干渉を受けづらい、といった理由でアフリカや中東、特にアメリカと良好な関係に無く、軍事力面での調達が厳しい事情のある各国では好評なようです。
ヨーロッパ内でもやや外れにあるスペインやギリシャを始め、リビア、クウェート、イラクなどの中東諸国、当時複雑な情勢にあった南アやモロッコ、エクアドルなんかが代表的でしょう。きな臭い中東周辺ではイラクやクウェートなど、殆どのミラージュF1が実戦を経験しているのも特徴です。

その中でも今回は非常に資料の少なく、目が醒めるような蒼い迷彩がなんともゲーレの海らしい、南欧地中海の暖かい風に舞うギリシャ空軍ミラージュF1CGにチャレンジしてみました。

フランス機らしい優雅なラインに、陽気さと塩臭さの混じった、「煤けた南欧美人」らしさを表現したかったのですが、いかがなもんでしょう。ミラージュF1の作例自体が少なくさらに意外とギリシャ空軍仕様で再現している方が居なかったもんですから、結構独創部分が多い気は致します。

みら5

今回のまとめ/組んでみて

今回制作しましたのは、「イタレリ 1/48 ミラージュF1C」繰り返す通りイタレリから発売した旧エッシーのバージョンアップ品です。フランス空軍機数種を含めた10種類の各国ミラージュF1が再現できるという何とも太っ腹でマニアックな仕様。
ですので、デカールをウリにしているだけ非常に良好な内容でした。水に浸けてすぐに使え、くしゃって潰れることも少なく、何より彩がある。これが無ければ無難にフランス空軍機で作っていたことでしょう。デカールに関してはかなり良質であったことは保証いたします。
キットのプロポーションは全体的によく実機を捉えていると思いますが、ややお尻周りが実機よりも太い感じがします。主翼の付け根からエアインテークに掛けては非常にカッコよくまとまっているのが好印象です。
組み立ても簡単で、内蔵部分も少なくすぐに全体のシルエットが見えてきます。
塗装指示が各国ごとにはっきりしているのもイタレリらしいですね。塗料が日本に無いものが多いくらいです。

さて、ここまで言って褒めてまいりましたが問題個所を上げていくと、まずキャノピーの形状。
後部キャノピーが、間違いなくキットに合いません。詳しくはローンスター様の1/72制作記にもありますが、ホントに下にスキマがあります。
他には塗装指示と実際のキットにあるモールドが、かみ合わないこと。こちらはまぁなんとでもなるのですが、主翼端から一つ目の前縁フラップが再現されていません。なので少しだけ戸惑いました。

うん、ここまでは大体許せる内容です(キャノピーハマらないのはヤバいが)。僕が一番噴き出したのは、こいつです。

みっふ

シュペル530中距離空対空ミサイルが入ってねぇえええええ!
ちょっとお前お腹見せてみろ。
みら7

うん、これ絶対R.530ミサイルだよね?

すっげぇパッケージ詐欺。何がアレって完成寸前まで気づかなかった俺が道化。

いやまぁ、ミラージュF1のヨンパチでデカールまでつけてもらってこれで中身2500円なので全く文句付けたらバチが当たるってもんなんですが。

ちなみに爆装用のキットなら付いております。

みらみ1
この辺すごく好き。
みらみ2

ちなみに迷彩は分からなかったので自前で調合してそれっぽい色にしているだけ。
上面のアンテナに至ってはカッコよかったから残したというひどいなんちゃってミラージュ。
下アンテナも丈夫だからってEA-18Gのあまり借りただけだしという暴露。

みらみ4
色々まともになったけど、合わせ目は相変わらずだなぁ。
まぁ細部はだいぶ見れるようになったからこれからだね。
みらみ3

さて、色々文句付けましたが、
出来上がったらすげぇかっこええです。
これでへたれスキマモデラーもどきの僕にも作例の少ないミラージュF1ヨンパチ史に一つの足跡を残せたんじゃないか(うぬぼ

なんだか五月はヨンパチミラージュの月みたいなので、こりゃ来年はミラージュⅢCJ、か?

さて、次回。
わんいれぶん

どないせぇっちゅうねん、これ。
(注:ミラージュF1はナナニイではありません。ヨンパチです)


みらみ5
結構お気に入りになりました。

おっきいの。
ミラージュF1 CG 2

ミラージュF1 CG
スポンサーサイト
  1. 2012/05/05(土) 15:40:11|
  2. プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<どうでもいいけどナウシカのガンシップってフラップにスラストリバーサ仕込んでるんですね的な更新 | ホーム | やきにくうめぇ>>

コメント

No title

やっぱり洋上迷彩はカッコいいですねぇ!
自分のスキルが上がってきたことを実感出来るとお気に入りになりますよね!
しかし、ほんとにこれは良いF.1Cですなぁ。
自分ももっと俺設定で勝手に塗ればよかったなぁ。

自分でもハセガワの1/72を作っておきながら、実機についての知識はほぼゼロ。
今回またしてもLayeⅡさんの蘊蓄で勉強させていただきました。
結構色んな国で採用されてたんですねぇ。

あと、レガホ、ぎりぎりなんとかGW中に完成しました。
色々やらかしてしまったんですが、今後の糧になる良い経験をしました。
作ってみて解ったんですが、レガホって自分が思ってたよりも大きい機体でした。
お暇な時にでも見ていただければ幸いです。
  1. 2012/05/06(日) 23:20:03 |
  2. URL |
  3. foxbase_alpha #-
  4. [ 編集 ]

No title

「作るたびにうまくなる」のが理想でありますが、今回はミラージュ2000Cと去年の同時期に制作したものが比較対象として恰好だったので顕著に実感できました。
F-1の時もうまく出来たかなとは思いましたが、今回も悪くない内容になったと思います。お褒め頂いてこれ幸い。

僕の習慣として、制作する機体への理解を深めてモチベを上げるという感じですので、薀蓄というよりは手元の資料や先人方の含蓄を見ながらせっせと喋っているという感じですw
機体成立の背景もあってかロシア機以外で米軍機と交戦経験の多い、数少ないヒールでもありますね。何処もマイナーな空軍ばかりですがそれを欲張り全開でデカールを用意してくれるイタレリはやっぱり分かってるんだなぁと痛感いたしました。


作例さっそく拝見させていただきました!スレンダーでエッジが効いてて、艦載機然としていますね。淡白そうな色合いにも関わらず表層のパネルラインと尾翼がアクセントになっていていい感じ。真横から見てもすらぁっとしていてなんとも凛々しい。
やらかしは、僕も今回は最終的によかったと思えただけで途中で機首塗ってた時とかはグロッキーでしたわw
F/A-18は個人的には中型機って感じです。F-16もそうですが見た目の与える印象よりも一回りほど大きいようなという体感。
  1. 2012/05/07(月) 00:34:09 |
  2. URL |
  3. La #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayyouexceed.blog118.fc2.com/tb.php/269-cf91df9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

LayeⅡ

Author:LayeⅡ
HN:LayeⅡ

塾講あがりが公務員になりました。

しゅみ
・飛行機模型
・へたくそなおらくがき

どっちも気負わず適当にやっていきます。
ついこないだまでチェコスロバキアはまだ存在していると思っていた平成生まれです。チャイナドレスください

最新記事

Twitter

つぶやき始めもうした。

大体ブロブに書くまでもない戯言とか。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類という名のカオスボックス (11)
あいさっつ (1)
小説・本の話題 (10)
プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場) (92)
テキトーな日記 (168)
一次創作 (15)
サントラの話題 (9)
今週のプラモチェッカー(キット開けたりなんだり) (48)
おでかけ (8)
ORAKUGAKI (18)
メイキング:1/48 RF-4E JASDF(HASEGAWA)) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

You can't catch me/坂本真綾

坂本真綾さんの新アルバム

恐縮ながら宣伝させていただきますをば…!

魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア様の魔界戦記ディスガイア4応援バナー

魔界戦記ディスガイア4

用法容量を守って、 徹夜で遊びましょう。

世界樹の迷宮3

アトラス様は世界樹の迷宮3の応援(宣伝)バナー。

黄金の鉄のかたまりでできたファランクスさんがぱんつ装備の忍者娘などに後れをとるはずがない

肉塊カウンター

この肉塊に積まれていった屍の数が分かります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。