野郎共、お仕置きの時間だ

なんのこたぁないダメ強化人間LayeⅡ(らいつー)の独り語散るgdgd生活ブログ なまはげだって少子化で寂しいんよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1273回「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」です。普段から趣味などで小説を書いている方、文章を書くのが好きという方。ブログという媒体を自己表現の場に選んでいるので、それなりにいらっしゃるのではないでしょうか今日のお題はちょっと変り種。あなたの今の周囲の状況を、小説風に表現してください長くなくても大丈夫!数行でもいいの...
FC2 トラックバックテーマ:「今の自分の周囲の状況を小説風に書いてください」



嵐のような八月が過ぎて行った。
塾の講師に「夏休み」という言葉は存在しない。 それは本職であろうと雇われの身であろうと同じことだ。
毎日積み重なる参考書に目を通して、下は小学生から上はそう歳が変わらない連中までネクタイを締めて対峙して、
平等に、それでも各々に合わせて勉学の足しになるようにしてやらねばならない。
金を貰ってやっている以上は、プロでなければならない。 そう教えられたしそのつもりでやってきた。
それでもなかなかスケジュール通りに仕事がはかどらないのは、何もこの職場だけでもないのだろう。

休み時間になれば、子供たちは自らの抑制された欲に従って塾を飛び出していく。
この隙に我々は燃料を補給し、携帯をいじくったり、或いは静かに控室で突っ伏したりして一時の休息を得る。
俺は、といえば生来よりお腹が弱いものだから、予め補給も睡眠もいらないように一日ゆっくりかけてコンディションを整えてくる性質だから、やはり暇というものはついて回る。 なのでうろついて生徒としゃべるのが目下の日課であった。 この日も天道様に恵まれていた。
公道に面したあまり立地条件のいいとは言えないところだが、目を輝かせて虫篭を担いで駆けだしていく子に目が留まり、ふと声を掛けた。
普段はどうにもさじを投げるのが早い子ではあったが、好きな物事には人一倍エネルギーを注ぐ。
対象がゲーム機とかカードゲームとか部活とか、そういうものではなくて、もっと古典的な嗜みだっただけだ。

「何に使うんだ、その虫篭」
「バッタ入れてくるの」

ほほぅ、バッタなどまだこの辺にいるのかと感心してしまうのは、錆びついた工業都市で育ってしまった故の穢れであろうか。 確かに小学時代をこの辺で過ごしていたが、その頃はまだカマキリなんかがわんさかいた。
十年やそこらではそう簡単に奴らの居場所はなくならないのだろう。 もとよりサイクルの回転速度が速く、食べて増えて死んでいくを人間の百倍速でやるような、この世界でもっとも繁栄した種族なのだから、そう簡単に滅んでくれるはずもない。
とはいえそこは市随一の市街地で、草叢などもうほとんどないというのに、なぜかバッタは獲れるというのだから、たくましいもんだ。

「バッタか」
「カマキリの巣に突っ込んで、エサにする」

思わぬ切り替えしに唖然としてしまう。
生け贄にされるかわいそうなバッタに哀悼の意を捧げつつも、そんなものは構わないとばかりに彼は元気に駆けだしていった。
カマキリもいたら捕まえてくるそうだが、それは同じように手持ちのカマキリの生け贄に捧げられるらしい。
彼曰く「でかければ負けない。だから共食いさせても心配ない」とのことだが、その確証はどこから得てるのか。
彼らの計算は思わぬところで自分たちの上を行く。
この場所で務めていて日夜「彼らに」習うことも多いのだが、何度も思い返すことがある。

一つは、子供は進んで勉強しないものだということだ。
中には稀有な存在もいるが、夏休みというものは遊んで遊んで遊びまくるものだと思っている。
勿論、俺もかつてはそうだったし今夏休みをもらってもそうするだろう。
人が労苦を避けるのは至極当然の摂理だ。

けれども、夏休みの宿題というやつは決まって多い。
当然31日に全部こなそうと思ってこなせる分量ではない。
そこで最も効率の良い手段は何かといえば、「毎日コツコツやる」という、原点に返ってくる。
毎日コツコツやる、これでは平常の学校と大差ないではないか。
実際に、夏休みですっかりナマける生徒を窘めるように宿題はよこされる。

つまり、塾も宿題も毎日の積み重ねが一番功を奏すという話になってくる。 遊びたい盛りの彼らにこれほどの労苦はない。 けれども、計画立てて己を高められるやつが最後に笑うのは、何も小中学校だけの話ではない。
結局はそんな労苦を体験しなければならないのだから、楽しんだ方が勝ちに決まっている。
かつてそうあることができなかった自分まで説教されている気分になるが、それを繰り返さないように今自分はここにいるのかな、と時々思う。
そんな大層なことはできないが、国語と社会くらいなら何とかなるものだ。
それを通じて、世の中で大事な摂理が見えてくるなら、塾講冥利に尽きる。
結局自分は反面教師という奴からいまだ抜け出せずにいる。
皮肉にも、教える側には違いない。


* * *


昨日のことだ。
中学生の問題集が一つ終わった。
そこそこ出来る子なのだが、やはり詰めが甘いところがある。
彼はほとんど終った問題集を掲げて勝ち誇った顔でにこやかにいう。

「今日はもう終わりですね!」

そんな都合のいい話があるわけがない。塾講はきっちり金を貰ったら用意されている数時間可能な限り勉強をたたきこむ。
いうなれば傭兵だし、ある意味教わる彼らにとっては地獄の番犬でもある。
「その問題集はハーゴンだぜよ」
「それ中ボスってことですか」
「うむ」
話が通じて助かる。 ドラクエ2も3もやったことがないがこのまま虚栄を押し通す。(実際は中ボスではないらしい)
「今の君は、大体30レベくらいだ」
「結構高くね?」
「いや、実はまだバラモスが残ってるしゾーマも残っている」
「あー、ゾーマとは戦えないね」
「マヒャドとかイオナズンで消し炭にされちゃうから、君はレベル上げをせねばならない」
「マジかよ……」

実際イオナズンが使ってくるかはどうかは別として、若いからこそ国語は覚えておいて損はない。
よく「国語って何を教えるんですか」と講師同士でも理系の人には聞かれるが、言ってしまえば応用力を鍛え理解力を伸ばす科目なのだろう。
問題文をよく読んで、問われていることに的確に返す読解力と語彙があれば、中高まで簡単にこなすことができる。
ドラクエの話に戻せば敵が固くなるだけなので、全体攻撃魔法とか効率のいい算段を整えていけば対応力の
幅は増えてその分簡単にサクサク進めることができるというわけだ。
逆に言えば、国語というのは何を勉強していいかわからない教科でもある。
社会や理科のように覚えれば答えられるわけでもなく、数学のように公式があって計算をしていくわけでもない。
ただ、高度な国語ができるようになれば鮮やかな解答方法というやつはいくらでも編み出せるし、俺だって時には生徒の解法に驚かされる時もあるくらい、自由度に満ちている。
イオラかな、と思ったらマダンテだったことも少なくない。
必殺技を編み出すのは勉強している当人次第であるし、直伝することも難しいので自分で発掘してもらうしかないという点では、総じて伸ばしにくい科目であるのは否めない。
俺が資料室に戻って新しい教材をとってくると、彼は嫌な顔をして待ち受けてくれた。
分厚い問題集を開いて明らかに漢字が多いのに気づき、うぇぇと小さく呻吟を上げた。 しばらくしてペンを握り、かつかつとノートに試行してゆく。
バラモスはどうやら手ごわい様子だ。

「せんせー」
「何かな?」
「そーいえば先生は何レベくらいなの? 裏ボス?」
「……ガマデウスくらい?」
「わからねー! でもあんまり強そうじゃねぇ!」

まだまだ俺もレベル上げ中である。












暇だったので気分転換にトラバを初めてやってみたんですが……難しいですね。
「今」ではないな、これ。
現実を小説に書き起こすって難しいなーというしみったれた感想。
短くまとめる、ってのが苦手なのよね。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/06(火) 21:22:45|
  2. テキトーな日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マリカなら俺の隣で寝返ってるよ | ホーム | あたらしい PCを 手に入れたぞ!>>

コメント

No title

ほう、面白いことをやってますな。
私もやって……めんどくさいからやめよう。
  1. 2011/09/06(火) 22:02:36 |
  2. URL |
  3. 零 #-
  4. [ 編集 ]

No title

ときおり無性に文章を吐き出したくなるけれどまとまらない不思議。
こういうのさらっとやれちゃう人は憧れますねー。
トラバってよくわからんのですけれど、時折面白そうなのがよぎって誘惑されます。
  1. 2011/09/07(水) 02:03:27 |
  2. URL |
  3. La #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mayyouexceed.blog118.fc2.com/tb.php/200-949bc86a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

LayeⅡ

Author:LayeⅡ
HN:LayeⅡ

塾講あがりが公務員になりました。

しゅみ
・飛行機模型
・へたくそなおらくがき

どっちも気負わず適当にやっていきます。
ついこないだまでチェコスロバキアはまだ存在していると思っていた平成生まれです。チャイナドレスください

最新記事

Twitter

つぶやき始めもうした。

大体ブロブに書くまでもない戯言とか。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類という名のカオスボックス (11)
あいさっつ (1)
小説・本の話題 (10)
プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場) (92)
テキトーな日記 (168)
一次創作 (15)
サントラの話題 (9)
今週のプラモチェッカー(キット開けたりなんだり) (48)
おでかけ (8)
ORAKUGAKI (18)
メイキング:1/48 RF-4E JASDF(HASEGAWA)) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

You can't catch me/坂本真綾

坂本真綾さんの新アルバム

恐縮ながら宣伝させていただきますをば…!

魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア様の魔界戦記ディスガイア4応援バナー

魔界戦記ディスガイア4

用法容量を守って、 徹夜で遊びましょう。

世界樹の迷宮3

アトラス様は世界樹の迷宮3の応援(宣伝)バナー。

黄金の鉄のかたまりでできたファランクスさんがぱんつ装備の忍者娘などに後れをとるはずがない

肉塊カウンター

この肉塊に積まれていった屍の数が分かります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。