野郎共、お仕置きの時間だ

なんのこたぁないダメ強化人間LayeⅡ(らいつー)の独り語散るgdgd生活ブログ なまはげだって少子化で寂しいんよ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/1

EA-18Gグロウラー

GWですね。
という訳で厚木基地のお祭りに行ってきました。

EA-18g.jpg

まぁ僕はこれ(EA-18G!)観たかっただけなのですが。
大味なご馳走も、アメちゃんの乗りも大変楽しかったです。
なんか営門くぐったらハワイって感じ。

ATG1.jpg
ATG2.jpg

A-4

ATG3.jpg

F-4

ATG4.jpg

F-14

退役した展示機は風防が塗られてしまって少しさびしい。

ATG5.jpg
ヘリのディティールっていいですよねー。

ATG6.jpg
ATG7.jpg
ATG8.jpg
ATG10.jpg
ATG9.jpg

向こうの人のセンスはなんというか、
鮮やかで派手なのにくどくないというか。
大したものだと思います。

c-2.jpg

E-2C
思ったより実物は小振りでした。
あの人どうやって昇ってどうやって降りたんだろう。
昇降ハッチ中にあると思うんですけどね

C-21.jpg
こちらはC-2グレイハウンド
E-2の艦上輸送機改造型になります
原型は同じはずですが、面構えが大分異なりこちらはかなりマッシブ。
空母に届けるAmazonとか、これで運ぶらしいですよ。

CANP.jpg

EA.jpg
GEAR.jpg

設計のおよそ7割以上が新規というだけあり、スーパーホーネットは想像よりかなり大きめ。
奴らすきあらば幼女をドロップタンクにまたがらせようとするな
HOR.jpg
HOR2.jpg

heri.jpg
へり2
海自のヘリ。
さすがに隣に米軍機が並んでいると垢抜けない印象を受けますが、
何処か穏やかさが宿るのは手段としての戦争を放棄した国の兵器としてはこれが正しい姿なのでしょう。

YS-11.jpg

海自YS-11
何処まで、何時まで君は飛ぶ。
あ、もう退役でしたっけ?
あと残るのは空自くらいになってしまうんだろうか。

p-1.jpg
P-12.jpg

川崎の新兵器、対潜哨戒機P-1
同期のC-2より一足先にロールアウト、すでにかなりの機数が実地任務にいそしんでいます。
YS並みのサイズでありながら、高速性と高い運動能力を持っているようで、機敏に上がり危うげなく旋回していきます。

P-1 3

P-3Cの後継としてターボファンなのは持続力や哨戒能力が落ちるのではないかと懸念されていましたが、ぱっと飛んでいるのを見るに随分良く出来た飛行機みたいで、そんなの忘れて感心していましたね。
エンジンはかなり低く位置しており、四つだけれど整備性は良好そう。

ED.jpg
FFE.jpg

なにせグロウラーを作ったり積んだりしている身としてはそれなりに資料はあった方がいいので、1/1が目の前で鎮座している以上おおはしゃぎ、もとい必死でございました。
「グロウラーはなぁ、ロービジなんだよ!」と隣の友人に力説していたような…
地味だけどサソリのマークが一番カッコいいですよ。
US-1.jpg

おっと、これは嬉しいUS-1救難飛行艇レスキューアイボリー。
デカいですね。遠目だと縦長でなんだかアパッチみたい。タッパある。
なんかインドだかオーストラリアが欲しいって言ってるんでしたっけ。新明和の反省色の見えない飛行艇技術の塊、
可能ならば積極的に運用してほしいものです。

IMGP8030.jpg

OMIYAGE
「Mサイズで」って、高校卒業以来全く研磨していないに等しいつたない英語で会話してみたんですが、言った直後にアメリカンサイズであることを思いだし、案の定アメリカ人基準のMが出てきたのでお互い苦笑いしながらSサイズにしてもらいました。


VFA.jpg



彼らはノリがよくフレンドリーで、日本語が多少通じなくとも大抵の事はなんとかなるみたいです。
震災の時もそうですが、彼らは常に危急的事態と隣り合わせ。日本の自衛隊と異なるのは、海外で何かあったら、たとい紛争地区であろうとも真っ先に駆けつける義務がある、という点でしょうか。「世界の警察」とアメリカはよく評されますが、そのための展開努力は我々の想像のできないものであり、同時にアメリカ軍の権力、抑止力は多くの個人と決して少なくない犠牲によって成り立っているのは、無視できるものではありません。
世界の裏側で何かあれば、彼らは躊躇う事なく駆けつけ、アメリカ人である矜持を胸に戦う。
歴史の無い、ある意味では後ろ盾ゆえに後がなく、自分たちが常に最後の砦であるがゆえに、彼らの士気は非常に高いものです。守るものがすぐ後ろにある。そして世界のどこであっても、彼らにはそれは揺るがぬ事実なのでしょう。ゆえに彼らは、こんなにも日本を愛せるのでしょう。

日本の自衛隊も常に真剣でありますが、それとはまた別に「本物の軍人」としての姿を、和やかな雰囲気の中にも感じることができた日でした。
第二次世界大戦以降、日本はアメリカと切っては離せない関係になっているのは最早自明の理。これからも良きパートナーであるべきですし、それが日本が日本であるために必要な一つの条件かも知れません。
国が国であるには、日本という国土だけが残っても、日本人という民族だけが残っても足りず、究極的に言ってしまえばかつての戦争は日本が日本であるための「尊厳」を守るための戦いだったのかも、などと70年前に想いを馳せつつ、
こういった未来があることに感謝を捧げつつ、アメリカ産のモンスターエナジーはうまいもんだなどと能天気に芝生に転がる、そんな休日でした。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/06(火) 01:29:37|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

LayeⅡ

Author:LayeⅡ
HN:LayeⅡ

塾講あがりが公務員になりました。

しゅみ
・飛行機模型
・へたくそなおらくがき

どっちも気負わず適当にやっていきます。
ついこないだまでチェコスロバキアはまだ存在していると思っていた平成生まれです。チャイナドレスください

最新記事

Twitter

つぶやき始めもうした。

大体ブロブに書くまでもない戯言とか。

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類という名のカオスボックス (11)
あいさっつ (1)
小説・本の話題 (10)
プラモデル・フィギュア・ホビーの話題(完成したやつ置き場) (92)
テキトーな日記 (168)
一次創作 (15)
サントラの話題 (9)
今週のプラモチェッカー(キット開けたりなんだり) (48)
おでかけ (8)
ORAKUGAKI (18)
メイキング:1/48 RF-4E JASDF(HASEGAWA)) (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

You can't catch me/坂本真綾

坂本真綾さんの新アルバム

恐縮ながら宣伝させていただきますをば…!

魔界戦記ディスガイア4

日本一ソフトウェア様の魔界戦記ディスガイア4応援バナー

魔界戦記ディスガイア4

用法容量を守って、 徹夜で遊びましょう。

世界樹の迷宮3

アトラス様は世界樹の迷宮3の応援(宣伝)バナー。

黄金の鉄のかたまりでできたファランクスさんがぱんつ装備の忍者娘などに後れをとるはずがない

肉塊カウンター

この肉塊に積まれていった屍の数が分かります

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。